公務員の副業

公務員から民間への転職はあり?(私が転職しなかった理由をお話します)

こんにちは、トモヤです!

 

今年も梅雨がやってきましたね~

私は一年の中でこの時期が一番キライです。

特に土砂降りの中の通勤は「キライなものTOP3」にランクインしてます。

いっそのこと毎年梅雨の時期は全員テレワークにしませんかね?

くっそ蒸し暑い中での仕事は全く集中できませんし、生産性が著しく低下してます。

コロナの影響でテレワークが推奨されているはずなのに、「出勤の美徳」みたいな考え方を持つ人が多いので困ります((+_+))

もっと合理的に考えましょうよ。

 

さて、今回は公務員の転職について書こうと思います。

公務員で副業をされている方は、一度は転職について考えたことがあるのではないでしょうか?

私もその一人でした。

 

今はまだ公務員を続けていますが、私が転職しなかったのには明確な理由があります。

これからその理由をお話します。

 

ではまいりましょう!

 

公務員が民間へ転職する理由

公務員が民間へ転職する理由としては、だいたい以下のような動機からでしょう。

公務員が民間へ転職する理由


  • 給料アップのため
  • やりがいを求めて
  • 公務員の仕事に飽きた
  • 狭い人間関係からの脱出
  • 自己成長のため

 

私が転職先を考えた時の動機も似たようなものでした。

 

言うまでもなく、公務員は「色んな意味で安定」しています。

給料も安定していて、世間でのステータスもそこそこあり、家族からのウケもよかったりします。

そんな公務員を辞めてまで民間に転職する人は、よほど現状に不満がある人なのでしょう。

 

公務員を辞めたいと思う人は多いですが、実際に転職をする人は極めて少ないです。

 

こちらの図をみてください。

この円グラフは、総務省が発表している地方公務員の退職状況調査(平成29年度)です。

調査によれば、平成29年度の地方公務員の離職者数は約13万人でした。

このうち「普通退職」の割合は全体の31.2%の約4万人を占めています。

 

地方公務員全体の職員数はだいたい275万人なので、離職率は1%ちょいです。

 

つまり、およそ100人1人の割合でしか仕事を辞めていないのです。

 

辞めた人全員が転職をするわけではないので、公務員→民間への転職者割合はそれよりもっと少ないかもしれません。

 

ちなみに民間の離職率がだいたい9%なので、10倍近い差があります。

 

この数字からみても、公務員から民間へ転職をするケースがどれほどレアなのかがおわかりいただけると思います。

 

私が民間へ転職しなかったワケ

私が今でも公務員を続けている理由をお話します。

 

私が転職について本気で考え始めたのが3年ほど前です。

公務員としてのキャリアが5年を超え、だいたいの仕事内容を把握した頃でした。

私は周りにくらべて異動のスピードが早かったので、5年目にして5つのポストを経験していました。

 

毎年のようにコロコロ部署移動すると、新しい仕事を覚えるのが大変ですが、たいていの仕事は1ヶ月もあれば進め方がわかります。

正直、公務員になってから、仕事が難しいと感じたことは一度もありません。

 

これってやばくないですか?

 

何がやばいかというと、仕事のスキルというものは、難しい課題を乗り越える度に身に付くものなので、簡単な課題しかだされなければ成長もありません。

もちろん、仕事のやり方次第では成長できる機会もあるのですが、私はどちらかというと受け身なほうなので、やるべき仕事を淡々とこなしていました。

 

少し話が脱線しましたが、何が言いたいのかというと、要は公務員の仕事が飽きたんですよね。

 

あと、仕事の成績が良くても給料がさほど上がらないのも不満でした。

公務員はモチベーションを保つのが本当に難しいです。

 

というわけで、自分がしたことのない面白そうな仕事(と良い給料)を目指して転職先を探すことにしたのです。

 

転職先の探し方はいたってノーマルです。

 

転職サイトに自己プロフィールを載せ、あとは待つだけです。

企業に直アポを取りに行くようなことはしませんでした。

 

転職サイトからは、毎日のように企業紹介メールが届いていたのですが、どこも微妙なクラスの企業だったので、面接にまで進もうとは思いませんでした。

 

そこでふと気が付いたのです。

 

「そもそも転職の目的は何だっけ?」

 

という根本的な疑問がわいてきました。

 

転職はあくまで手段で、目的は他にあるべきだよな。。

 

そう、いつのまにか自分の中で手段の目的化が行われていたのです。

役人がよく陥るパターンですね。。

これだから役人脳は。。

 

そこで、頭の中を整理してみました。

 

「転職はキャリア(スキル)アップのためにするもの。転職後の展望が見えていない限り転職はキケン。」

 

という結論に至りました。

 

やりたい事が明確に言えない自分は、転職をするのはまだまだ時期尚早でした。

 

そこから、自分の性に合っている仕事は何かを見極めることが先決だと考え、色んな副業を模索し始め、今に至ります。

 

公務員から民間への転職を考えている人へ

転職先を考えるうえでは、自身の適正を把握しておくことも大事ですが、今後成長する分野の企業かどうかも見定める必要があります。

そのあたりの見識も自分には足りていなかったので、株式市場の動向などをみながら日々業界チェックをしています。

 

あと、私の場合、家族の反対が一番こたえましたね。

妻と息子の3人家族を養うために、大きなリスクをともなう転職は自分にはできませんでした。

 

妻からはっきりと「公務員だから結婚したのに。。」と言われましたからね。笑(どこみて結婚しとるんじゃ~い

 

ですので、今後私が転職するとしたら、自分の適正を把握したうえで、明確なキャリアパスをイメージできる企業が見つかったら、その時に本気で考えることになりそうです。

今では、転職を目指すよりも、副業でコツコツとお金とスキルを獲得していったほうが、自由な生活に近づけると思っています。

 

私の最終目標は「労働収入からの脱却」ですので、転職は一つのツール(選択肢)でしかないのですけどね。

 

なんだかいつも以上にまとまりのない記事になってしまいました。

 

ビール片手に書いていますのでご容赦ください。

来週気力があればリライトします。

 

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました(≧▽≦)!




ブログランキング現在1位!




公務員におススメのFX業者(早く稼いで公務員辞めるなら海外FX一択)

1年後に脱サラしたい人向け=XM(エックスエム)←海外FXを語るならまずはこれ

☆★☆今ならキャンペーンで入金額の2倍もらえる☆★☆

国内人気ランキング断トツNo.1の海外FX業者「XM(エックスエム)」

残高がマイナスにならないゼロカット方式を採用。

お小遣いの範囲内でトレードできるのは海外FXだから。

日中トレードができない公務員だからこそ資金効率の良いトレードを。

 

口座開設時の太っ腹なキャッシュバック特典も魅力^^

【キャッシュバック特典】

登録時:無条件で3,000円ゲット(最初はこのお金だけでトレード可能)

入金時:最初の5万円まで入金額の2倍ゲット(5万円の入金で10万円分のトレード

 

出入金も超カンタン♪

ローリスクハイリターンのトレードならXMの一択!

私はXMを使って当面の生活資金(3000円⇒100万円)を作り、公務員を辞める決心がつきました。

5年後に脱サラしたい人向け=DMMFX

海外FXはちょっと怖い。。という方には安心の国内業者を。

口座開設数75万件突破!

ローラのCMでお馴染み、国内FX業者の中ではトップクラスの人気を誇る「DMMFX」。

FX初心者が最初に選ぶ理由は超使いやすい取引ツールを完備しているから。

レバレッジ最大25倍までなので、ゆったりとトレードできます。

ハイレバレッジに抵抗がある方は、まずは国内業者で慣らすのがおススメです。

低リスクで着実にトレードスキルを身に付けて、資産を築きましょう。

【5円でトレードできる】超初心者向け「SBIネオモバFX」

日本初!!

1通貨からトレードができる「SBIネオモバFX」。

ドル円なら「5円」あればトレードできて、最初はお金をリスクにさらしたくない初心者には超おススメ。

Tポイントを使ったトレードもできます^^

  • この記事を書いた人

トモヤ

元国家公務員のトモヤ(30歳♂)です。 本格的に副業をするために公務員を退職。 副業OKなホワイト企業に勤めながら難関資格(税理士・不動産鑑定士)を目指し中。 ブログ、fx、株式・不動産投資を中心に情報発信していきます。

-公務員の副業

© 2021 トモブログ(元公務員FXトレーダーの副業クエスト) Powered by AFFINGER5