FX

FXは国内業者と海外業者どっちがおススメ?(資産を100倍以上にしたいなら海外業者一択です)

こんにちは、トモヤです!

今回は、これからFXを始めてみようとお考えの方向けに、「国内業者」か「海外業者」のどちらがおススメなのかを解説します。

以前書いたFXの始め方の記事では、いきなり海外業者を使うことから入ってしまいましたので、国内業者と海外業者の特徴やメリデメをあらためてまとめようと思います。

また取引口座を開設していない方は、この記事を参考にしてみてください。

 

公務員A
国内業者と海外業者の違いはおさえておきたかったのでありがたいです!
公務員B
海外業者はレバレッジが高いってことは知ってるけど、それ以外は知らないなぁ。
レバレッジの違い以外にも知っておくべきポイントがあるから、それぞれ解説するね。
トモヤ

ではまいりましょう!

 

国内業者と海外業者の違い

早速ですが、国内業者と海外業者の違いをご説明します。

国内業者の特徴

まず国内業者からです。

国内のFX業者として有名な会社はこのあたりです。

皆様も一度は耳にしたことがあるはずです。

  • DMMFX
  • SBIFXトレード
  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商 etc

他にも国内業者はたくさんあるのですが、口座開設数でみるとこれらの業者が頭一つ抜けています。

DMM、SBI、GMOと英語の業者が目立ちますが、どれも国内の業者です。

 

国内業者の特徴は以下のとおりです。

国内FX業者の特徴

  • レバレッジが最大25倍まで
  • 追証ありの業者が多い
  • ロスカット率が海外業者に比べると高い
  • DD方式を採用している業者が多い
  • 取引ツールが使いやすい
  • 入金・出金がしやすい

 

大きな特徴としては、やはりレバレッジが25倍までに制限されている点ですね。

DD方式については後ほど説明します。

 

海外業者の特徴

次に海外業者についてみていきます。

海外FX業者の数は、国内業者よりもずっと多いのですが、人気が高い業者はこのあたりです。

 

  • XM(エックスエム)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • Traders Trust(トレーダーズトラスト)
  • Tradeview(トレードビュー)
  • FXDD(FXディーディー)

 

日本で一番人気なのはXMで、次いでTitanが人気です。

海外業者の特徴は以下のとおりです。

海外FX業者の特徴

  • レバレッジ制限が緩い(最大1000倍まで)
  • 追証無しの業者が多い(ゼロカット方式採用)
  • ロスカット率が国内業者に比べると低い
  • NDD方式を採用している業者が多い
  • 取引ツールが限定的

 

注目すべきポイントはやはりレバレッジの高さでしょう。

国内の25倍とは比べ物にならないくらいのハイレバレッジで取引可能です。

しかも、ゼロカット方式を採用している業者が多いため、証拠金を追加入金する必要はありません。

限定的なリスクで大きく稼ぎたいのであれば、海外業者一択です。

 

DD方式とNDD方式の違い

DD方式やらNDD方式やら、わからない単語が出てきましたので簡単に説明します。

一言で説明すると、

  • DD方式・・・FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入する
  • NDD方式・・・FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入しない

ということなのですが、図の方がわかりやすいのでこちらをご覧ください。

DD(ディーリングデスク)方式の図

NDD方式の図

DD方式は、私たちトレーダーが出した注文をFX会社が一旦受け付け、必要に応じてインターバンク(為替市場)に注文を出すといったやり方です。

NDD方式は、私たちトレーダーが出した注文をFX会社がスルーしてそのままインターバンクに流すというやり方です。

 

勘の良い方はお気づきでしょうが、DD方式では、私たちトレーダーが負ければ負けるほど、FX業者が儲かる仕組みになっています。

トレーダーからの注文をインターバンクに流さずに、トレーダーが勝手に負けてくれたらその分FX業者は儲かるのです。

 

 

一方、NDD方式では、トレーダーの勝ち負けはFX業者の儲けには関係ありません。

NDD方式では、純粋に取引手数料だけでFX業者は儲けているのです。

 

ひと昔前には、DD方式を採用している国内FX業者が意図的にトレーダーのポジションをロスカットしたりして問題になっていましたね。

要はDD方式はトレーダーにとって不透明なのです。

トレーダーと業者が利益相反の関係にある以上、この問題は解消されないのではと個人的には思っています。

 

その点でも、NDD方式を採用している海外業者の方が私は信頼できます。

ちなみに、上に紹介したXMやTitanはもちろんNDD方式です。

 

少ない元手で大きく稼ぎたいなら海外FX業者一択

いかがでしたでしょうか。

国内FX業者と海外FX業者の違いを簡単にまとめてみました。

細かい違いはあるものの、やっぱり一番の相違点はレバレッジです。

 

月3万円のお小遣い制を強いられている私にとって、FXで大きく稼ごうと思うと海外業者を使う以外方法がありません。

まして300円から500万円まで増やそうと思うと、XMの888倍海王拳を使うしかありません。

 

FXを初めて1~3年目は国内業者(DMMFXとSBI)を使っていましたが、25倍のレバレッジだと最低4~5万円は証拠金として必要になりますし、1トレードで数万円稼ぐためにはより多くの元手が必要になります。

 

以上、少額から始めて大きく稼ぎたいなら海外FX一択というお話でした。

 

ご参考になれば嬉しいです^^

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました(^^)/

国内人気ランキングNo.1の海外FX口座「XM(エックスエム)」で今すぐトレードを始めてみよう!

口座開設方法はこちら

こちらもCHECK

超人気海外FX業者「XM(エックスエム)」の口座開設方法

続きを見る




ブログランキング現在1位!




公務員におススメのFX業者(早く稼いで公務員辞めるなら海外FX一択)

1年後に脱サラしたい人向け=XM(エックスエム)←海外FXを語るならまずはこれ

☆★☆今ならキャンペーンで入金額の2倍もらえる☆★☆

国内人気ランキング断トツNo.1の海外FX業者「XM(エックスエム)」

残高がマイナスにならないゼロカット方式を採用。

お小遣いの範囲内でトレードできるのは海外FXだから。

日中トレードができない公務員だからこそ資金効率の良いトレードを。

 

口座開設時の太っ腹なキャッシュバック特典も魅力^^

【キャッシュバック特典】

登録時:無条件で3,000円ゲット(最初はこのお金だけでトレード可能)

入金時:最初の5万円まで入金額の2倍ゲット(5万円の入金で10万円分のトレード

 

出入金も超カンタン♪

ローリスクハイリターンのトレードならXMの一択!

私はXMを使って当面の生活資金(3000円⇒100万円)を作り、公務員を辞める決心がつきました。

5年後に脱サラしたい人向け=DMMFX

海外FXはちょっと怖い。。という方には安心の国内業者を。

口座開設数75万件突破!

ローラのCMでお馴染み、国内FX業者の中ではトップクラスの人気を誇る「DMMFX」。

FX初心者が最初に選ぶ理由は超使いやすい取引ツールを完備しているから。

レバレッジ最大25倍までなので、ゆったりとトレードできます。

ハイレバレッジに抵抗がある方は、まずは国内業者で慣らすのがおススメです。

低リスクで着実にトレードスキルを身に付けて、資産を築きましょう。

【5円でトレードできる】超初心者向け「SBIネオモバFX」

日本初!!

1通貨からトレードができる「SBIネオモバFX」。

ドル円なら「5円」あればトレードできて、最初はお金をリスクにさらしたくない初心者には超おススメ。

Tポイントを使ったトレードもできます^^

  • この記事を書いた人

トモヤ

元国家公務員のトモヤ(30歳♂)です。 本格的に副業をするために公務員を退職。 副業OKなホワイト企業に勤めながら難関資格(税理士・不動産鑑定士)を目指し中。 ブログ、fx、株式・不動産投資を中心に情報発信していきます。

-FX

© 2021 トモブログ(元公務員FXトレーダーの副業クエスト) Powered by AFFINGER5