株式投資

投資信託を始めるなら今が大チャンス?(株式投資の知識がなくても簡単に始められます)

こんにちは、トモヤです!

今回は、株式投資シリーズです!

 

第一回は、公務員にも人気の投資信託について書こうと思います。

資産運用の方法としては定番ですね。

 

投資信託を副業と呼ぶのはちょっと違う気がしますが、投資の基本ということで紹介します。

 

最初にいっておきますが、私は今が「投資を始める絶好のタイミング」だと考えています。

「は?? コロナの影響で世界的に株価大暴落ってニュースが毎日のように流れてるんですけど!」

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

だからこそ今なのです!!!

理由は後ほどご説明します。

株式投資には興味あるけど、投資信託には全く興味がないという方は、そっとこのページを閉じてください(*^^)v

ではまいりましょう!

 

今が投資を始めるチャンスな理由

早速ですが、なぜ今が投資をはじめるチャンスなのかについて説明します。

ご存じのとおり、新型コロナウイルスの影響による世界的な経済ショックにより、日本をはじめとした各国の株価は下落しています。

しかもその下がり方は、2008年のリーマンショックを超えるともいわれています。

しかし、実はこの歴史的な株価大暴落の中で、証券口座の新規開設数が急増しているのです。

「え?? 株価が下がってるのに何で今はじめるひとが増えてるの??」

と考える方も多いかと思います。

答えは簡単で、「今なら割安で株を買えると思っている人が増えたから」です。

たしかに株価は急落しています。

しかし、株価というものは、長期的にみると適正な価格に戻るといわれていて、統計データもあります。

今の株価は、本来の企業の価値を下回っている銘柄が多いため、割安で買えるという発想になるわけです。

「安く買って高く売る」は投資の鉄則ですので、今が好機とみたサラリーマンや主婦が押し寄せているのですね。

「でも、投資なんてしたことないし、株っていっても何を買えばいいのかわからないし。。」

と思っている方のために、初心者でも始めやすい投資方法を次の見出しで解説します^^

 

投資信託とは?

投資信託について具体的に解説します。

投資信託とは、簡単にいうと「資産を投資のプロにまかせて運用してもらうこと」です。

投資信託を使うと、自分で株や債券を選ぶ必要がなくなるので、ド素人でもプロと同等のパフォーマンスを得ることができます。

しかし、気を付けなければならない点が2つあります。

それが「商品選びと手数料」です。

まず、一口に投資信託といっても、その商品は数えきれないくらいにあります。

商品によって投資先が全く異なるので、商品選びによって投資信託が成功か失敗に終わるかの9割は決まるといっても過言ではないです。

また、プロに運用してもらうので、そのための手数料がどうしてもかかってしまうのが投資信託です。

手数料の額はピンキリで、銀行の窓口ですすめられる投資信託は、総じて手数料が高いです。

しかし今では、手数料が大幅に安いインターネットで買える投資信託が人気を集めており、昔ほど手数料はかからなくなりましたのでご安心ください。

後ほど手数料の安い証券会社もご紹介します。

どうやって投資信託を始めればいいの?

では、投資信託はどうやって始めればいいのでしょうか?

やり方はとっても簡単なので、3ステップでご説明します。

投資信託を始める3ステップ

  • ステップ① 証券口座を開設する
  • ステップ② 投資信託商品を選ぶ
  • ステップ③ 投資信託商品を購入する

 

ステップ① 証券口座を開設する

まず最初のステップとして、「証券口座」を開設します

既にNISAやiDeCoをされていらっしゃる方であれば、もう証券口座をお持ちだと思いますが、まだお持ちでない方は、新たに口座を開設する必要があります。

銀行口座とは異なり、インターネットで簡単に開設できる証券会社が増えましたので、ここはあまり難しく考えなくても大丈夫です。

ステップ② 投資信託商品を選ぶ

次に「投資信託の商品」を選びます

この商品選びが初心者にとっては最大のハードルになります。

というのも、投資信託と一言でいっても、その商品数は星の数ほどあるからです。

何を買えば良いか全くわからないからやっぱ無理~!

とあきらめないでください!

最初にもいいましたが、今は世界中の株価が下がっています。

そして、株価というものはずっと下がり続けるものではありません。

数年後になるかもしれませんが、いつかは上昇に転じるでしょう。

つまり、今はどの商品を買ったとしても、コロナショック前に比べれば、相対的に割安で購入できる可能性が高いのです。

でも、だからといって何でも買えばいいというわけではありません。

投資信託を買ううえで重要な考え方として、

  • リスクがうまく分散された商品を買う
  • なるべく手数料の安い商品を選ぶ

この2つのルールを守るだけで、かなりの高確率でリターンを得られます。

リスクがうまく分散された商品とは、投資信託の投資対象が、特定の投資対象に限定されておらず、複数の種類、銘柄に分散されていることを指します。

たとえば、日本の株だけでなく、世界中の株に少しずつ分散投資していたり、株だけではなく債券や金などの商品にまで分散している商品がおすすめです。

このルールでも少しわかりにくいかと思いますので、もっと簡単にいってしまえば、後ほどご紹介する2つの証券会社の人気商品ランキング上位の商品は、これらの条件をだいたい満たしているので、まずはそちらからみていくことをおすすめします。

 

ステップ③ 投資信託商品を購入する

最後に「投資信託の購入」です。

購入方法は大きく分けて2通りあります。

  1. 一回で購入
  2. 複数回に分けて購入(積立投資信託)

このうち、私がおすすめするのは「複数回に分けて購入」することです。

これを「積立投資信託」と呼びます。

税金が優遇されるNISAやiDeCoでも、この積立投資信託を使うことができます。

積立をおすすめする理由を話すと長くなるので、かんたんにいえば「投資のリスクを減らすことができるから」です。

投資信託といっても、買った時よりも株価が下がればもちろん損をすることになります。

しかし、購入を複数回に分けて、定期的に購入し続ければどうでしょう??

今よりもっと下がった時に購入すれば、さらに割安で商品を買えることになります。

株というものは、下がることもあれば、上がることもあります。

その予測は誰にもできないのです。

購入のタイミングを複数回に分けて投資することは、プロの投資家が古くから用いている手法でもあります。

私もこの積立投資信託を用いて、月に1度、少額の積立投資を続けています。

 

おすすめの証券口座3選(超厳選)

投資信託をはじめるうえで必要となるのが、「証券口座」です。

今ではインターネットからすぐに開設できるので便利になりました。

私がおすすめする人気証券口座を3つご紹介しますね。

なぜ3選にしたのかというと、正直この3つの証券会社にかなうものは今現在日本にはないと思っているからです。

そのくらい優れた証券会社なので、このどちらかから選ぶことを強くおすすめします。

 

おすすめ証券口座① 楽天証券

最もおすすめする証券口座が「楽天証券」です!

スマホやインターネット、銀行まで楽天に統一している「楽天経済圏」にいる私は、迷うことなく楽天証券に決めました。

ただ、楽天経済圏にいるからという理由だけではなく、楽天証券には様々なメリットがあります。

そのメリットとは、

  • 手数料が圧倒的に安い
  • 投資信託商品がダントツで豊富
  • 取引ツールが使いやすい

という、投資信託をするうえで最重要な3点がそろっている証券会社なのです。

楽天証券で投資信託をはじめる人は急増していて、今では約400万もの口座が開設されています。

これは後ほど紹介するSBI証券に次ぐ2番目の件数です。

主要ネット証券の口座数推移(楽天証券作成)

主要ネット証券の口座数推移(楽天証券作成)

また、楽天証券では、楽天ポイントを使った投資ができることも大きな魅力のひとつです。

お買い物をしてたまった楽天ポイントを、積み立て投資信託にあてることができるので、現金を使わなくてもどんどんお金がたまっていく仕組みなのです。

私は毎月5000円分のポイントを積立投資信託にまわしています。

毎月残高が増えていくのをみるのは楽しいですよ!

 

 

おすすめ証券口座② SBI証券

次におすすめするのが、「SBI証券」です。

名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、楽天証券同様、手数料が安く、投資商品が豊富なことが長所です。

商品の品ぞろえだけでいえば、楽天証券をうわまわる日本一の商品数をほこります。

口座開設数も堂々の日本一ですね。

楽天証券とどちらを1位にするか迷ったのですが、ポイント投資ができる楽天証券の方が私にとっては使いやすく、SBI証券を第2位にさせていただきました。

 

 

おすすめ証券口座③ SBIネオモバイル証券

 

おまけでご紹介させていただきたい証券会社がこちらです!

SBIネオモバイル証券は、さきほど紹介したSBI証券と CCCマーケティング という会社が共同出資してできた証券会社です。

こちらの良い所は、Tポイントを使った投資ができる点です。

Tポイントユーザーの方には是非おすすめしたいです。

また、少額から株式を購入できる点も魅力的です。

なんと500円から個別の株を買うことが可能です。

投資信託から一歩ステップアップしたい方には超おすすめの証券会社です。

 

SBIネオモバイル証券公式HP

 

投資信託をまず少額から始めてみましょう(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

今回は、これまで投資をしたことがない方にとって、「投資信託」の仕組みとはじめ方を簡単に解説させていただきました。

まとめると、

  • 世界的に株価が下がっている今が割安に株を買えるチャンス
  • 投資をはじめる人が急増している
  • 初心者にはまず投資信託がおすすめ
  • スマホひとつあればOK
  • NISAやiDeCoを使うことでさらにお得に

といったところでしょうか。

老後2000万円問題やこれからの景気低迷を思うと、これからの時代、将来に必要となるお金は自分で作り出すという考えをもつことがとっても大事です。

そのためには、たとえ公務員であっても、投資の知識や経験を積むことが大事だと私は考えています。

私にとっては、これから子育てにも多額のお金が必要となりますし、不景気に突入するとなると給料アップもあまり期待できません。

給料アップどころか、来年以降はほぼ間違いなく給料は下がるでしょう。

そんな今だからこそ、これからの資産形成について、今一度考えてみることをおすすめします。

まずは少額から、積立投資信託とはどういうものかを体験してみることをおすすめします。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!




ブログランキング現在1位!




公務員におススメのFX業者(早く稼いで公務員辞めるなら海外FX一択)

1年後に脱サラしたい人向け=XM(エックスエム)☆今なら入金ボーナス5万円分もらえる☆

☆★☆今ならキャンペーンで入金額の2倍もらえる☆★☆

国内人気ランキング断トツNo.1の海外FX業者「XM(エックスエム)」

残高がマイナスにならないゼロカット方式(入金額以上の損失無し)を採用。

お小遣いの範囲内でトレードできるのは海外FXだから。

日中トレードができない公務員だからこそ資金効率の良いトレードを。

 

口座開設時の太っ腹なキャッシュバック特典も魅力^^

【キャッシュバック特典】

登録時:無条件で3,000円ゲット(最初はこのお金だけでトレード可能)

入金時:初回入金時に5万円のボーナスゲット

 

出入金も超カンタン♪

ローリスクハイリターンのトレードならXMの一択!

私はXMを使って当面の生活資金(3000円⇒100万円)を作り、公務員を辞める決心がつきました。

5年後に脱サラしたい人向け=DMMFX

海外FXはちょっと怖い。。という方には安心の国内業者を。

口座開設数75万件突破!

ローラのCMでお馴染み、国内FX業者の中ではトップクラスの人気を誇る「DMMFX」。

FX初心者が最初に選ぶ理由は超使いやすい取引ツールを完備しているから。

レバレッジ最大25倍までなので、ゆったりとトレードできます。

ハイレバレッジに抵抗がある方は、まずは国内業者で慣らすのがおススメです。

低リスクで着実にトレードスキルを身に付けて、資産を築きましょう。

【5円でトレードできる】超初心者向け「SBIネオモバFX」

日本初!!

1通貨からトレードができる「SBIネオモバFX」。

ドル円なら「5円」あればトレードできて、最初はお金をリスクにさらしたくない初心者には超おススメ。

Tポイントを使ったトレードもできます^^

  • この記事を書いた人

トモヤ

元国家公務員のトモヤ(30歳♂)です。 本格的に副業をするために公務員を退職。 副業OKなホワイト企業に勤めながら難関資格(税理士・不動産鑑定士)を目指し中。 ブログ、fx、株式・不動産投資を中心に情報発信していきます。

-株式投資

© 2021 トモブログ(元公務員FXトレーダーの副業クエスト) Powered by AFFINGER5